パソコンを利用したデマンド監視装置

マウスで簡単デマンド目標設定
使用電力自動記録
警報出力で回転灯告知
LAN対応で工事費削減

PCデマンド監視装置TOP

PCデマンド監視装置の機能

デマンドパルスの取り方

監視用パソコンとの接続方法

監視用パソコンのスペック

オプション品について

よくある質問

製品仕様・価格

問い合わせメール

PCデマンド監視装置 よくある質問

Q.工事費用はどれくらいかかりますか?
A.工事としての費用が発生するとすれば、パルスセンサーとメインユニット間の配線工事になります。作業としては3芯シールド線で延長するだけですので、切り売りのシールド線を購入してご自身で接続すれば費用はケーブル代のみとなります。ただし、パルス信号はノイズに弱いので、他の電気ケーブルとはなるべく離して配線する必要があります。また、屋外での配線は雷害にご注意ください。
  壁裏や天井裏、床下・高所などの作業が必要な環境、もしくは人目につくのできれいに仕上げたい場合などはプロにお願いするほうがよいでしょう。金額は工事業者さんに「1.25sq-3cの配線工事」というふうに見積をお願いすれば分かります。

Q.配線工事をせずに監視したいのですが?
A.LAN経由、インターネット経由、FOMA経由、既存の電線経由など、方法は色々あります。お気軽にご相談ください。

Q.監視ソフトの設定は難しいのですか?
A.最初に[通信ポートまたはIPアドレス][パルス乗率]を設定すれば電力量計測ができます。この2項目については通常、変更することはありません。警報用の[目標値][発報ライン]を設定するとデマンド警報を発報します。この4項目でデマンド監視・記録が開始できます。
  注文時にご連絡いただければ、ご希望の値を初期設定として出荷できます。

Q.監視用にはどのようなパソコンがよいでしょうか?
A.できるだけデマンド監視専用でお使いください。Windows2000以降が安定して動けばよいので、新しいパソコンでなくても問題ありません。
  監視用パソコンのスペックについて

Q.設置時・導入後のサポートはありますか?
A.導入後でもトラブル発生時にはサポートいたします。設置方法でご不明な点がございましたら工事業者様からお問い合わせいただいても結構です。

Q.機器の保証期間はどれくらいですか?
A.ご購入いただいてから1年間です。ただし、定格を超える電流電圧が原因によるもの、衝撃・水濡れなどによる故障については補償できません。
  特に、警報出力の定格はDC24V・0.1Aです。リレーや信号線以外(回転灯の電源など)を接続すると故障の原因となりますのでご注意ください。

Q.導入と同時に基本料金を下げることができますか?
A.電力会社と交渉すれば下げてもらえる場合があります。
  ただし、電気の使用状況を把握する前に思い切った引き下げは危険です。警報が出ても停止することのできない負荷が多ければ、目標を超過してしまいます。
  PCデマンド監視装置はデマンド値(30分単位)はもちろん、1分単位で電力使用量を記録しますので、いつ何をしたときに電力使用量が跳ね上がるのかを検証することが可能です。しばらくデマンド監視をしてみてから、無理のない範囲で基本料金の引き下げを申請するほうが無難です。
  


















Copyrights(C)2013 豊中計装株式会社

〒561-0841 大阪府豊中市名神口3-7-13
TEL:06-6336-1690 FAX:06-6333-2451

inserted by FC2 system