パソコンを利用したデマンド監視装置

マウスで簡単デマンド目標設定
使用電力自動記録
警報出力で回転灯告知
LAN対応で工事費削減

PCデマンド監視装置TOP

PCデマンド監視装置の機能

デマンドパルスの取り方

監視用パソコンとの接続方法

監視用パソコンのスペック

オプション品について

よくある質問

製品仕様・価格

問い合わせメール

監視用パソコンとの接続方法

RMS-RL1-DV
  
 付属のRS-232Cケーブルをシリアルポート(右図:D-sub9ピン・メス)に接続します。ポート番号は通常「COM1」になります。
 パソコンにシリアルポートがない場合は、市販のRS-232C→USB変換アダプタで接続できます。この場合のポート番号はデバイスマネージャで確認してください。

 この場合、メインユニットはパソコンの近くに設置する事になります。

RMS-LL1-DV
 市販のLANケーブルで接続します。HUBを介さず直接パソコンと接続する場合は「クロスのLANケーブル」をご使用ください。
 メインユニットとIPアドレスで通信します。ご注文時に使用するIPアドレスが分かる場合は、メインユニットおよび監視ソフトを初期設定値として出荷できます。詳しくはお問い合わせください。
メインユニット初期設定

IPアドレス:192.168.0.150
サブネットマスク:255.255.255.0









Copyrights(C)2013 豊中計装株式会社

〒561-0841 大阪府豊中市名神口3-7-13
TEL:06-6336-1690 FAX:06-6333-2451

inserted by FC2 system